『市民後見ひろば』について

『市民後見ひろば』は、2015年7月に「市民後見人養成講座修了生の会」として発足した任意団体です。
市民後見人養成講座は、2009年に東京大学において開講され、以後、毎年開催されております。2015年度から、東京大学(教育学研究科生涯学習論研究室)が開発した教育プログラムを民間団体が開催する形に改められ、2016年度以降は一般社団法人地域後見推進センターが主催者となっております。修了生は、養成講座で学んだ知識を生かし、地域社会に貢献するとともに、共に学んだ仲間と相互研鑽しながら、市民後見の健全な発展に寄与する活動をしております。
現在、『市民後見ひろば』には、1期~15期の延700名を超える修了生が会員として登録しております。『市民後見ひろば』は、会員皆様へ、ニュースレターとして最新情報を配信するとともに、学習の場、情報交換の場など会員をサポートする活動を行っております。

イベント・勉強会のご案内

学習会開催のご案内

3月2日(土)13時から、市民後見ひろば主催、消費者団体と東京都との協働による学習会を開催いたします。
今回は市民後見ひろば会員以外の方にも参加いただけます。
下記の要項をご確認いただきまして、申し込みください。

題名:「終活・もしもの事があった時」~困るまえに知っておくべきこと~
日時:3月2日土曜日 13:00~15:00(講演90分、質疑応答30分)尚、学習会終了後、参加者皆さまと交流会(30分程度)を予定しております。
定員:会場10名、オンライン50名(申込多数の場合は先着順となります)
会場:東京都消費生活総合センター15階学習室G(新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ1)
学習会の内容
『被後見人にもしもの事があると、後見人は死後事務を行う場合があります。いざという時に困らない為の知識を学習します。また、頼る人がいない一人暮らしの高齢者などのサポートについて講演いただきます。』
講師のご紹介
講師 大和泰子氏
一般社団法人包括あんしん協会代表理事、ファイナンシャルプランナー
おひとり様生涯サポートやライフ&エンディングプランニングなどについて様々なセミナーや相談業務で活躍されております。
申込方法:下記申込ファームからお願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ecea2206809381

第3回オンライン交流会開催の報告

2023年6月18日に第3回オンライン交流会が開催されました。
今回は、知的障害者を支援する後見活動を事例として取り上げております。
参加者34名が5グループに分けれて意見交流をし、その後、全体交流において、各グループで話し合われたことが発表されました。
〇今回の事例(社会福祉士による後見取組)はこちらから

〇事例についての主な意見
・グループホーム入所後のアセスメントができていない。ケアマネジメントや支援者の連携で利用者をサポートする力の大切さを感じた。
・50歳の知的障害者ですと、息の長い付き合いが必要となる。どうやって繋いでいくか、チーム活動が鍵となる。
・グループホームまでの調整期間が短く、本人の意思がどこまで反映されているか、疑問に思う。
・本人と支援者との相性が重要である。
・本人が50歳に至るまで、支援ができていないことが課題である。
・ジョブコーチ、生活支援者、後見人それぞれが、連携して対応することが重要である。

〇事例以外の意見は次の通りです。
・障害者は在宅していると、65歳から介護保険となり、今まで利用できたものができなくなる。いわゆる65歳の壁が問題である。
・福祉支援のすき間を補う活動として、社協が中心となり立ち上げられた「有償ボランティア」がある。
・市民後見人と専門職後見人の活動に温度差がある。専門職は自分の立場を守る活動となっている。市民後見人は知識が少ないが、専門職後見人がやらない活動もしている。
・後見人の活動が見えないと知的障害をもつ子の親は心配。

最後に、「後見人は本人とどう向き合うかが大切。アセスメントをどう組み立てるのかを考えなければならない。相性も大事だが、人間関係をどう作るかを意識して、本人とチームが一緒になって関係作りを構築することが大切である。」と総括して閉会しました。

お知らせ

成年後見関係事件の概況が公開されました

令和4年1月~12月における、全国の家庭裁判所の成年後見関係事件の処理状況について、概況が取りまとめられました。
成年後見関係事件の概況(令和4年1月~12月)の概要をニュースレターにて報告しました。

事務局よりお知らせ

MENU
PAGE TOP